2013.09.14

湘南うまいもの展

こんにちは、夢民です。


今日・藤沢市内のイトーヨーカドーに行ったら、地元湘南の
うまいもの展をやってました。
013.JPG

009.JPG

以前紹介した、藤沢メダカサブレで有名な、スワン洋菓子店も出店。
003.JPG

地元では、おなじみの鎌倉ビールも。
005.JPG

目移りして、どれも欲しくなってしまいましたが(苦笑)
とりあえず、地元藤沢のお店『四季菓庵 いわかめ』の人気商品
「御所見塚チーズケーキ」
IMG_1528.JPG

こちらのお店、なんと明治5(1872)年創業ですから、
今年で141年目です!!

和菓子部門と洋菓子部門が併設されている珍しいお店。
和菓子部門はお父様、洋菓子部門は、洋菓子一級技能士の
息子さんが担当されています。

そして、江の島ビールと江の島鎌倉サイダー
IMG_1532.JPG

江の島ビールは単に名前だけでなく、ちゃんと江島神社の祈願水が
使われています。

生きた酵母と無濾過、無熱処理の為か、かなり濃くてシッカリした味です。
江の島名物しらす料理に合う味に仕上げているとの事。

普通、こうした、うまいもの展は普段行けない遠い場所の名物で賑わう事が多いですが
地元再発見というテーマで、かなりな賑わいがあるのは、本当に素晴らしいです!

全国各地で、こうした地元の良さを再発見する動きが、活発になって
欲しいですね〜。

こちらは神奈川県藤沢市 観光公式ホームページ

こちらは「江の島ライブカメラ」

江の島、疑似体験してみて下さいませ〜。




自然とふれ合い、もっと自然でもっと自分らしく生きてみませんか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ





2013.09.13

何故、上手く行き出すと元に戻ってしまうのか?

おはようございます、夢民です。


先日、読んでみた、永松 茂久さんの著書『心の壁の壊し方』

永松 茂久さんは、あの素晴らしい言葉&考え方の数々で有名な
斎藤一人さんと出会い、いろいろな事を伝授されました。

その著書も、やはり主に一人さんの考えの影響が大きく現れています。

同じ様に、他の方が一人さんの言葉&考えを伝えた本は多いのですが、その多くは「これなら一人さん本人が書いた本を読んだ方が早い」
というのが多いと感じます。


しかし、永松 茂久さんの場合、その教えを自分なりに十分消化し、
さらに自分独自の考えも多く付加していて、自分の言葉で語って
いる所が新鮮で有益でした!!

しかも非常にわかりやすい説明なので、一人さん自身の本で、
今一つわかりにくい、腑に落ちない、という部分もかなり
クリアになりました。

そうした、独自の説明の一つが
『キープ機能』と『コンフォートゾーン』。

例えば人間は、体温を一定に保たなければ生きていけないので、
暑くなれば汗を出して体温を下げ、寒くなると皮膚に鳥肌を立て、
体表の熱が逃げるのを防ぎます。

同じ様に潜在意識には、いろいろなかたちで今の状態をキープ
しようとする働きがあると。
つまり、いつもと、今までと、同じように戻す機能があり。

例えば、ダイエットしようとして、食事を減らしても、潜在意識は
「今日はいつもと同じ量食べていないぞ、その分取り返さなきゃ」
と強く働きかけ、顕在意識の「痩せなきゃ」という気持ちが打ち負かされてしまうと。

ちなみに潜在意識の力は97%、顕在意識の力は3%ですから、
意志の力=顕在意識で潜在意識に勝つのは至難の業に思えますよね(汗)

同じ様に、長い間自分が置かれた状況は、例え心(顕在意識)でそれが
不快と思っていても顕在意識は、心地良いと認識してしまうそうです。
これが永松さんの言う『コンフォートゾーン』。


例えばある人が、潜在意識で年収が○○○万円以上、年収が○○○万円以下の間が『コンフォートゾーン』と感じていると、年収がそれ以下なら当然増やそうと頑張りますが。

年収がそれ以上になって本当は嬉しいはずの状況でも、潜在意識は元の収入に戻そうとして、大きな失敗をやらかすようにしたり、ムダ使いして増えた収入分を目減りさせてしまうようです。

だから、金持ちはいつまでたっても金持ち、貧乏人はいつまでたっても貧乏、仮に何かで大金が入っても散財してしまう事が多いようです。

他にも、いろいろ役立つ、わかりやすい話が多いのですが、いずれ
機会があるごとに紹介して行きますね!
【送料無料】心の壁の壊し方 [ 永松茂久 ]

【送料無料】心の壁の壊し方 [ 永松茂久 ]
価格:1,680円(税込、送料込)






自然とふれ合い、もっと自然でもっと自分らしく生きてみませんか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ







2013.09.12

『文は体を表す』?

おはようございます、夢民です。


コミュニケーションの三つの要素として

・言語
・声のトーン (聴覚)
・身体言語(ボディーランゲージ) (視覚)

があり、それぞれの割合は

・言語・・・・・7%
・声のトーン・・38%
・身体言語・・・55%

と言われているそうです。

という事は、対面では無く、相手の声も聞けない文章だけでの
コミュニケ―ションでは、7%しか伝わらず、そうなると理論上
では、まだ会った事の無い相手の素性を見抜く事は困難でしょう。

でも、文章から察した相手の雰囲気が、実際会って見てもさほど
大きな違いが無かった事って多くありませんか?

私は、結構多いです(モチロン容姿、体型とかは別ですよ(笑))



ある知人が、
「メールとかで、改行や句読点を全く使わない相手と会ってみると、
文章そのままの人間って言うのがほとんど」
と言ってましたが..........どんな感じなんでしょ?(笑)

では、ツイッターでつぶやいてばかりいると、その字数制限の性質上、句読点を減らしがちですから、ツイッター的性格の人間に変貌して行く???(笑)

もしかしたら、「逆もまた真なり」という言葉から、文章の書き方を変えていけば人間性も変化するのでしょうか???

非常に興味あります。



とりあえず、改行や句読点を有効活用して、読みやすい文章を目指したいものですね。

時々、物凄く良い文章のサイトなのに、改行や句読点があまりに少なくて、読んでいて疲れてしまうので、非常にもったいないな〜と思う事も多いです。

『名は体を表す』ではなく、『文は体を表す』でしょうか???(笑)




自然とふれ合い、もっと自然でもっと自分らしく生きてみませんか?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ナチュラルライフ ブログランキングへ